スポーツには怪我がつきもの

スポーツをしていて他人を怪我させてしまうこともありますね。 特にスキーやスノボは誰かとぶつかった時に大きなけがになることも。 相手に障害が残ってしまったりすると、予想外に大きな額を請求されてしまった場合個人の力では支払いが困難になることもあります。

スポーツ以外にも使える個人賠償保険

ウィンタースポーツに限らず、スポーツやアウトドアには怪我が付き物です。
自身の怪我でしたら自身では加入している保険で間に合わせることも可能ですが、その保険では相手への怪我の保障はカバーできません。

ウィンタースポーツと言えば、スキーやスノーボードです。
高い所から板を使って滑ると、結構なスピードがでます。
その状態で歩いている人とぶつかったり、同じく滑っている人とぶつかることもあります。
自分は何年も滑っているし大丈夫!と思った方!
スキー場には初心者の方もいます。
初心者の方ですと止まり方がよくわかっていなかったり、人にあたりそうになってもうまく回避することが難しいです。

上級者といえども、不意に近づいてこられると回避が難しいのではないでしょうか。

この他にも雪山で怖いのが遭難です。
広いスキー場で、知らないうちにコースを外れてしまって遭難してしまうことも実際にあり、最悪死者がでてしまうこともあります。
そのような時に捜索隊が出ますが、その捜索費用を負担しなければいけことはご存知でしょうか?
例えばヘリコプター。
警察などの公の機関のものなら無料ですが、民間のヘリコプターですと1時間とばすと50万以上かかります。
捜索が1日、2日となるとかなり高額になりますね。

この他にも山岳隊などの民間の捜索隊の方々の人件費も1日に2万~3万かかると言われています。

この2つだけでも遭難した時に高額な費用が請求される可能性があることがわかりますね。

ウィンタースポーツに行くならば大きい小さいに関わらず何かしらの備えをすることをお勧めいたします。

スキーとスノボ専用保険

実はあるのがスキーとスノボの専用保険。 専用なので、個人賠償保険のように日常生活内で起こるトラブルへの保障はありませんが、ウィンタースポーツならではの遭難した時にかかる費用などの保障が充実しています。 スキーやスノボによく行く方には是非お勧めしたい保険です。

日帰りなどの短期にぴったりの保険

スキーやスノボは好きだけど、仕事もあるしシーズン中には1回行けたらいいかな、という方でしたら保険料はお手頃な価格で、しかも何かのついでに手続きできるようなものにしたいですよね。 そういった方にお勧めなのがレジャー保険です。 レジャー保険とはどういったものなのでしょうか?