>

スポーツには怪我がつきもの

個人賠償保険ってどんな保険?

生活の中で誰かを怪我させてしまったときに保障してくれる保険です。
この「誰か」というのには家族は含まれません。

例えば、自転車で走行中に通行人にぶつかってしまって大怪我を負わせてしまった場合、治療費のほかに、もしも障害が残ってしまい、慰謝料やリハビリ代を請求されたときにも対応できます。
また、物に対する保障もあります。

例にあるような自転車走行中の事故はウィンタースポーツの時でもありえます。
また、事故の時に相手のボードを潰してしまった時にはそのボードも保障してくれます。

またこれら以外にも訴訟になった場合の弁護士の費用も保障対象になります。
なのでどちらに過失があるか、過失割合などで揉めそうな時には弁護士を雇えますので万が一事故が起きてしまった時にも頼れる人ができて安心です。

もしかしたら既に加入しているかも?

個人賠償保険はほとんどの保険会社で販売されています。
しかも1か月あたり数百円とかなりお手ごろ価格の保険です。
しかし、単体で扱っている会社は少なく、ほとんどの会社で何かの保険の特約として販売しています。

例えば自動車保険の特約、旅行保険の特約、傷害保険の特約、そして火災保険の特約などです。
どの保険も他人を怪我させる可能性が大いにある場合に備える保険ですね。
これだけ加入したいと時には今入っている保険で付加できないか確認してみましょう。

この保証は覚えていないだけで付加していることもよくある保険でもあります。
なので、複数入っていた!ということもありえます。
当分ウィンタースポーツに行く予定がない方も、調べてみることをお勧めいたします。


この記事をシェアする